FUJIFILM X100F初心者奮闘記「フィルムシミュレーションいろいろ」

フィルムシミュレーションを使った撮って出しの作例です。

FUJIFILM X100F Velvia


わかりやすいと思います。緑がイキイキと表現されますね。

FUJIFILM X100F ASTIA


屋外ポートレート向けでソフトとのことですが、繊細ですっきり見えます。

FUJIFILM X100F Classic Chrome


途中から設定変えちゃったので少ない写真の中から。枯れた感がでますね。

撮って出しにはフィルムシミュレーションBKTがおすすめ

フィルムシミュレーションBKTを選択すると、1シャッターで3種類のシミュレーション画像を同時に保存してくれるので大変便利です。

X100Fの場合、「ACROS」が貴重なのでぜひ選択しておきたいところですね。

ただし、RAW選択時、またはデジタルテレコンバーター選択時は使用不可となるのでご注意ください。