ラヴノット、お疲れさまでした

一口馬主


河内厩舎に初入厩した時は、先生から素質ありと診断され、初戦は川田騎手を手配する優遇ぶりでした。

調教でも好時計をバンバン出していて、同クラブで同父(ノボジャック)の活躍馬「ブラゾンドゥリス」級の期待感を持ったものです。

ただ、実戦ではなかなか花開かなかったですね。本気で走ってなかった気がします。

運も味方して2勝し、無事、岡田スタッドで繁殖になれました。次の産駒に期待ですね。

ノルマンディーは現出資馬で退会予定なんですが、ラヴノットの産駒は気になるなぁ。