プラチナムバレット、復帰戦は年明けに


プラチナムバレットが帰厩して、クラブコメントが更新されました。

2017/11/24 (栗東トレセン)
「先週末に微熱が出たため、一日だけ馬場入りを休みましたが、今週に入ってからは元気一杯の様子。骨折した膝の個所を含め、脚元にも不安はなく、稽古で連日キビキビした動きを見せていますよ。帰厩時、もし年内に使うとすれば中日新聞杯(中京芝2000m)という考えはあったものの、そこを目標とするには時間が足らない印象。体重自体は春と変わらなくても、全体の筋肉量やトモの筋力が戻り切っていないので少しジックリとやらせてください。来月に入ってから徐々に速めを消化していくつもりなので、復帰戦は年明けの番組で考えていきます」(河内洋調教師)

骨折明けということで気持ちの面が心配でしたが、持ち前の真面目さで前向きに調教を積んでくれているようです。来月にかけてジックリ乗り込み、復帰戦は年明けの模様。

本来の動きが戻れば、日経新春杯(G2)というプランも見えてきそうですが、折り合いがしっかり付く馬なので長丁場の万葉S(OP)あたりも面白そう。浜中騎手、来年も期待してますよ!

プラチナムバレット牡3歳 河内洋厩舎[栗東]
父:マンハッタンカフェクラス(戦績):オープン(3-1-1-1)
母:スノースタイル募集総額:2400万円
母の父・ホワイトマズル出資口数:2/400(120,000円)
生産者:岡田スタッド誕生日:2014.05.19
主な勝ち鞍:京都新聞杯-G2、はなみずき賞(3歳500万下)
近親活躍馬:スマートレイアー(京都大賞典-G2、阪神牝馬S-G2、東京新聞杯-G3)
公式HP:http://www2.normandyoc.com/horse/detail.aspx?umacd=2014009

ノルマンディーオーナーズクラブ