ゴールドシップ産駒の人気を推し量る

友駿ホースクラブの2017年産募集馬に、ゴールドシップ産駒のマリアージュシチーの2017がいます。

webページの申し込み状況からてっきり出資確定と思ってたんですが、愛馬出資証書はなかなか届かず。事務局に問い合わせると、現在先行募集中で受付は明日1/17(水)までとのことでした。(送付カタログに記載とのこと)

以前にも書きましたが、当馬は牧場関係者の方がツイッターで近況を定期的に更新しており、お父さん譲りのやんちゃな面が随所に垣間見えています。

一口馬主DBを見ると、今のところゴールドシップ産駒の募集は当馬のみで、1口16,000円(500口)という手頃な価格から満口抽選の可能性も出てきました。

ゴールドシップ産駒は2017年産が初仔なので、これから各クラブで募集馬が続々と出てくると思います。現役時代はかなりファンの多かった馬ですし、今後の産駒の人気を推し量るには当馬の募集状況が良い基準になるのではないでしょうか。

2017年産出資馬は、すべて芦毛のゴルシ産駒というのもある意味面白そうです(笑)

マリアージュシチーの2017牝1歳 芦毛 松永幹夫厩舎[栗東]
父:ゴールドシップクラス(戦績):入厩前(0-0-0-0)
母:マリアージュシチー募集総額:800万円
母の父:ブライアンズタイム出資口数:1/500(16,000円)
生産者:カタオカファーム誕生日:2017.04.24
主な勝ち鞍:-
近親活躍馬:
公式HP:http://www.yusyun-hc.co.jp/horse2017/1735.html

松永幹夫調教師(栗東)のコメント

牝馬ながらいかにもパワーがありそうな馬格、歩様もしっかりとしていて、バランスも問題ありません。芦毛で父ゴールドシップの良い部分を継承しているようです。歴史ある牝系との配合は多くの可能性を秘めているように思います。気性的なことに気を配りながら、しっかりと成長を促し、3歳春に夢が見られるよう頑張ります。

友駿ホースクラブ