勝って兜の緒を締めよ

レッドジェニアル(東サラ)がやってくれました。京都新聞杯(G2)を制覇。私にとっては、プラチナムバレット(ノルマンディー)に続く2度目の重賞制覇となり、奇しくも同タイトル2度目のホルダーとなりました。京都新聞杯の男とでも名乗りましょうか(苦笑)

本レースに万全の状態で送り出してくれた高橋先生をはじめとした厩舎スタッフの皆様、そして最高の騎乗パフォーマンスを見せてくれた酒井騎手に、まずは感謝の気持ちを送りたいと思います。特に、酒井騎手のジェニアルを分かっている乗り方にはしびれました。他馬が動き出した勝負所でひと呼吸入れ、直線はしっかりスペースから抜け出してクビ差の勝利。応援馬券も買ってましたので、二重三重の喜びとなりました。

さて、次はダービーです。馬体重の維持や長距離輸送がネックとなりますが、それ以上に馬体のケアが最大の鍵を握ると思います。バレットで辛い思いを経験した分、ここはブログタイトル通り、「勝って兜の緒を締めよ」といった心境です。