【プラチナムバレット】まずは入着から!

今週は、プラチナムバレット(ノルマンディー)が東京メイS(芝1800)に出走します。

大スランプから6カ月間の放牧明け。直前の調教では、並ばれて「怯む」という、出資者としてはあまり見たくなかったコメントが出てしまいました。

鞍上は、最後まで追ってくれる騎手とのことで河内先生が柴田大知騎手を指名。勝ちに行く競馬をすると思います。競馬ラボのコラム「柴田大知の進化論」では、しっかり研究して結果に繋げたいといったコメントがありました。

個人的には、まず入着狙いでいいんじゃないかなぁと思ってます。それなら、騎手も無理には追わないでしょうし、馬への負担も少なくなる。レース選択は、芝・ダート問わず、出れそうな重賞は全部出て、入着狙いに徹する。ゴール前、バレットが自らグイグイ行くようになったら、そこが次のスタート地点じゃないかなぁと。まぁ、机上の空想ですが・・・。

とにかく、レースに出ないと分からないことが多いですし、東京遠征、騎手初騎乗、走る意欲などウォッチポイントはたくさんあるので、しっかり応援したいと思います。

プラチナムバレット 2018.5.12