【プラチナムバレット】鳴尾記念は直線失速、9着惨敗

今週、鳴尾記念に出走したプラチナムバレット(ノルマンディー)は、直線で失速して9着でした。

パドックの周回に出てこなくて一瞬ヒヤッとしましたが、少し遅れて合流。硬さはなかったものの、少し元気がない様子に見えました。和田騎手が跨ってからは、ピリッとした表情に変わったのでホッとしたんですけどね。

スタートから好位3番手にスッとつける前目の競馬。後は、直線どうなるかとハラハラしてましたが、想像をはるかに超える失速で、まさかの最下位でした・・・。

和田騎手のコメントでは、距離を短くした方が良いとのこと。そういえば、浜中騎手も距離短縮を進言してました。とにかく、今のままでは何も進展しないので、次走はマイル戦を視野にスケジュールを組んでほしいです。中京記念(芝1600ハンデ・G3)であれば、中6週でしっかり体も作れると思うので狙い目かもしれません。

まだいろいろと手立てはあると思いますので、河内先生ほか厩舎スタッフの皆さん、バレットのことをよろしくお願いします。